×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

O脚 治し方

O脚って?

脚の形は年齢を重ねるにつれて、生まれた時と比べだんだん変化してきます。

 

原因として考えられるのは、習慣付いた姿勢であったり、また毎日取り組む運動やスポーツなどの影響です。そういった影響の中で形成されていくものなので、よほど意識しない限り脚の形の変化は避けられません。

 

脚の形の変化は皆に現れる症状なので特に治し方などを意識する必要はない、と思うことは良くないようです。理由は、脚の形状や脚の向きなどは見た目や外見に関わるだけでなく、健康状態にも深く関係があるからです。

 

脚の形や向きの中で最も広く知られ、日本人に一番お悩みの方が多いといわれているのが、O脚です。O脚は、その形が文字通りOに見えることから、名付けられた脚の形です。

 

実はこのO脚、日本人の90%の人に見られる症状といわれています。もちろん程度には個人差がありますが、真っすぐスラッと足が伸びている成人は非常に少ないということがいえるようです。例えば、モデルといった職業のような脚の人の割合は、ほとんどいないほど少ないといえるかもしれませんね。

 

具体的には、足を外側に10度ほど開いて直立し、両足の内側のくるぶしを合わせ、左右のひざの内側が接さない状態をいいます。左右の足を密着させているのに、膝の頭が外側に広く開いていて、腰から足にかけてアルファベットのOの字のような形になっている状態ですね。

 

軽度のO脚の場合なら、特に意識することもなく、治し方を知りたいと思わないという人も多いようです。一方、自分のO脚をとても気にして、その治し方について知ろうとする人もたくさんいらっしゃいます。つまりO脚には、気にする人は気にする、しない人はしない、というのが現状のようです。